bibigoの「凄旨キムチ」って美味しい?徹底レビュー!

  • URLをコピーしました!
当サイトはこのようなニーズに答えていきます
  • フライパンを使わず手間なく食べたい!
  • 多忙なときにあると便利な食べ物を知りたい!
  • 電子レンジの手間なら頑張れる!
  • 手間なく美味しいものが食べたい!
だんご

bibigoの「凄旨キムチ」はしっかり辛くて酸味が抑えられた本格的なキムチです。食べやすいのでオススメです!

この記事を書いた人

だんご

多忙な日々で自分の時間に余裕を持つために手間なく食べられるごはんを愛しています!

仕送りで喜ばれる物や、常備しておくと便利な食べ物を紹介しています。

目次

bibigoの「凄旨キムチ」を紹介

bibigoの「凄旨キムチ」とは?

「凄旨キムチ」は、熟成したキムチから発見された生きている植物性乳酸菌で発酵されたキムチです。

魚介の旨みと唐辛子の辛み

8種類の魚介エビ、イワシ、カンダリ、サッパ、タチウオ、イシモチ、アワビ、マグロ)の旨みと、2種類の赤唐辛子で引き立つ辛さを感じることができます。

酸味がコントロールされている

特許植物性乳酸菌(CJLM119)が使用されていることで酸味のコントロールがされています。

賞味期限

未開封であれば製造後65日

「bibigo」とはどんな会社?

韓食の伝統に現代的な価値を融合させ、新しいライフスタイルを創造する韓食代表のブランドです。

韓食固有の味と趣を全世界に広め、健康的な食文化を創ります。

bibigo:https://cjfoodsjapan.net/bibigo/

キムチの他にも餃子やビビンバ、冷麺、ホットク、韓国海苔、スープ、クッパなどの様々な商品の取り扱いがあります。

だんご

本格的な韓国の味わいを手軽に食べることができます!

合わせて読みたい

ご飯があれば手軽に食べられるbibigoのビビンバの素も紹介しています!

bibigoの「凄旨キムチ」をオススメできる2つの理由

本場の味と日本人向けの味が融合!

適度な酸味がある

本場韓国の味は、キムチを仕込む期間が長いため熟成が進み、酸っぱい味になります。韓国ではこの酸っぱさを好む傾向にありますが、日本人は苦手と感じる方が多いようです。

bibigoの「凄旨キムチ」にも酸味が感じられますが、舌の痺れるような尖った酸味はなく、

だんご

日本人に向けた甘口キムチに比べたら少し酸味があるな。

と思うくらいで食べやすさがありました。

ご飯の上にそのまま乗っけても美味しいですが、納豆や卵かけご飯と一緒に食べても美味しいです。

また、bibigoの「凄旨キムチ」の酸味は豚肉の甘い脂との相性が抜群です。

さっぱりとした酸味が良いアクセントになるため、豚肉のこってりさを和らげてくれます。

だんご

豚肉は脂が出る豚バラがオススメです。時間に余裕があれば豚キムやサムギョプサルにして食べることをオススメします。

しっかり辛い

bibigoの「凄旨キムチ」は2種類の唐辛子を使用していることから引き立つ辛さがあります。

そのため小さい子どもには刺激が強めなので大人向けのキムチとなっています。

ただ辛いのではなく魚介の旨味も感じられるため、奥深い味わいとなっています。

日本の甘口のキムチに比べたら辛いですが、私にとってはヒーヒーする程ではなく食べ続けられるピリ辛でした。

だんご

辛さが食欲を促進させ、汗がじわっと滲みました。

アレンジやトッピングしても美味しい

bibigoの「凄旨キムチ」はそのまま食べてもおいしいですが、料理に使ったりトッピングしてもオススメです。

だんご

辛旨でさっぱりとしているのでトッピングすると引き締まる味になります

豚キムチ/キムチチゲ/サムギョプサル/納豆/卵かけご飯/冷奴/キムチチャーハン/冷麺/ビビンバ/キンパ/たこ焼き/お好み焼き/など

bibigoの「凄旨キムチ」の口コミは?

多数の口コミをまとめてみました!

高評価な口コミ

  • 本場の味に近いけど甘みもあって美味しかった
  • 食べ切りやすいサイズだから発酵が進んで酸っぱくなる前に食べ切れた
  • 普段キムチを食べないけどこのキムチなら美味しく食べられる
  • 日本人向けのキムチは辛さが物足りないがbibigoの凄旨キムチはしっかり辛くて満足できた
  • 焼肉屋で出されるような本格的な美味しいキムチの味だった
  • 料理に使うと良い出汁がでて美味しくなった

こんな意見もあり

  • 甘みがやや強かった
  • もっと大きいサイズがあったら嬉しい
  • もっと辛さがあっても良い
だんご

辛さや甘さの程度は個人の好みによっても異なるので、食べてみないと自分好みのキムチかわからないところもあります。

原材料

白菜、漬け原材料[大根、糖類(果糖、水あめ)、赤唐辛子粉、にんにく、食塩、長ねぎ、魚醤(魚介類)、醸造酢、エビエキス、塩辛(イワシ、カンダリ、サッパ、タチウオ、イシモチ)、しょうが、ごま、アワビエキス、酵母エキス、乳酸菌発酵液、マグロエキス]/調味料(アミノ酸等)、ph調整剤、ビタミンB1、増粘剤(キサンタンガム)、ソルビトール、甘味料(アセスルファムK)、(一部にえび・あわび・ごま・大豆・魚醤(魚介類)を含む)

この記事のまとめ

  • bibigoの「凄旨キムチ」は本場の味と日本人好みの味を融合したような本格的なキムチである
  • 酸っぱすぎない酸味と辛さが引き立ち、ご飯のお供のほかにアレンジしても美味しい

だんご

たくさんの手間なしごはんを掲載しています!

-全国のうまいもの巡りができます-

だんご

美味しそうなものばかりで目移りします…!

-このブログはSWELLを使用しています-

ブログ初心者の私でも、簡単に素敵なデザインが作れました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代兼業主婦、2児の母
現役看護師
多忙な日々とズボラな性格なので、手間なく食べられるものを愛しています。
美味しいものが好き。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次